DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

成長期のスポーツ障害

成長期のスポーツ障害の多くは、骨端核や骨端線の障害である骨端症、あるいは骨端軟骨障害です。

成長期では、まず骨が成長したあとから筋肉が成長して身体が作られていきます。

この時期の骨の両端は軟骨になっていて骨端線(成長線)と呼ばれるところから骨が成長していきます。

そのため成人とは異なり構造的に弱く、強いけん引力、圧迫が繰り返されると傷ついたり変形して障害が生じやすいのが特徴です。

時期として男子は中学3年~高校2年くらい、女子は中学3年くらいまでが成長期です。

例えば、オスグット病(膝)、シーバー病(踵)など